上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

帰ってきてからウダウダしてたらもう休みも残り3日になってしまいました。
ちょっとウチの事で色々ありまして・・・・。

まずはお買い物。

工具フェチと言えるか判りませんが
工具が好きな自分としては色々買ってしまいます(使え!)

画像 343

ヤスリ数種(荒目や中目や細目など・・・)
後木にペーパーが貼り付いていて切れなくなったら
剥がすとまた次のが出てくるヤツ。

ヤスリはいくらプラがメインと言っても真鍮も削るし
消耗品なので使いそうなヤツを色々買ってみました。
国産のは1本4~500円ですがバローベというメーカーのは
1本900円弱しました。

画像 345

これは超硬タガネ(タングステン)です。

画像 346

以前買ったスジボリ堂のモノとほとんど同じなんですが
同じ刃幅のモノでも結構値段が違います。
たとえばスジボリ堂で1470円のモノが今回買った所では998円です。
ただ難を言えば一番細くて0.5mmという所でしょうか。
でも自分はスジボリ以外にも本来のタガネという感じで使うので
問題なしです。
もしこれから買おうと思っている方は0.5mm以上は
こちらで買った方がお得かも。

で、スピットなんですが・・・・

画像 072

画像 073

コクピットで苦戦中です・・・。
資料も中々左側が写ってなかったり、
プラ板と真鍮パイプなどで作ろうとしているので
中々技術が追いつかない・・・・・・・。
しかもメーターパネルの付いた前側バルクヘッドは紛失して
作り直したり・・・・・・・。

まあボチボチいきますよ・・・・・・。


スポンサーサイト

こんばんは。

今日は寒かったですね~。
ますますウチから出たくなくなるなぁ・・・・・。

今日はコクピットをやる予定でした。

画像 058

なんせフジミのキットのコクピットはこれに後操縦桿が付くだけなんで・・・・・・・。
あっさりし過ぎだろ・・・・・・・。

画像 053

まずは機体内部を伸ばします。
下は丸い別パーツを付ける予定。

その丸い部分を絞ったのは・・・・
画像 054

なんと「彫刻刀の柄」(笑)
机の周り見て一番Rが近そうだったから。


画像 051

コクピットの参考に出してきた蜜柑48。
でも機体内部の補器類などは結構違いますね・・・・・・。ううむ・・・・・。

画像 043

シートも絞りました。
型は割り箸を削って (笑) 即席型。

画像 044

ハサミで切り出し。自分は結構この小さめのデカールハサミを
切り出しに使います。キャノピーなんかもある程度まで切っちゃいます。

画像 045

ヤスリで形を整えてこんな感じ。
下面の角が甘いなあ・・・・・。

画像 055

画像 060

キットのリベットは瞬着で埋めました。

画像 059

おっエルロンが別パーツだな。さすがフジミ 違)
可動にするかは未定。
今日ラダーを動かして色々チェックしてたら一回壊しました・・・・・。
直りはしましたが72だと小さすぎて強度的にキツイか・・・・・・。


まだまだパーツが揃いませんが少しずつ作りながら仕上げていきます。

明日は作左亭にお邪魔します!

こんばんは。

出来るときは更新しようと意気込んでいるJWです。

今日は一日結構な雨でずっとウチに篭ってました。


で、スピット。昨日はコクピットを・・・なんて言ってましたが
ちょっと新たな試みをしてみました。

ラダー  なんですが・・・。
今まではスジ彫りを深くするかやっても一度切り離してから
真鍮線を仕込んで少~し隙間を出して再接着するか
だったんですが今回は・・・・・


「動くようにしてみようか・・・・・」
とバカな事を思いたってしまったんですね。

でも見た目はいかにも「可動」って言うんじゃなくて
なるべく判らないようにしたい・・・・・。

画像 029

ラダーを切り離して少し延長します。
後、内側に溝を掘っておきます。タガネが活躍!
細かい所も先が細いんで楽に入ります。

画像 030

ザッと削った状態なんでまだ汚いですが横にも溝?を作っておきます。

画像 031

中に仕込むパーツを真鍮線で作ります。

画像 032

フラックスを塗って半田付け。

画像 033

持ち手が無いんでピンバイスに噛んでヤスリ掛け。
こういう小パーツを素手で無理に
やろうとすると飛ばしちゃいますからね・・・・・・。

画像 034

出来たT型パーツをラダーの中に仕込みます。
機体の方もなるべく薄く削っておきます。
ここではセラミックキサゲが活躍!

画像 038

こう見ると普通に見えますよね・・・・????

画像 036

向きが逆になってしまいましたが
ちゃんと動きます!

まあ可動モデルにしたい訳じゃないんですが
ちょっとはこういうのもいいかな・・・・と。

判らないぐらいの工作が出来てナンボなんですがね。
まあ自分へのチャレンジです。
腕が少しでも上がれば  良し!

明日はコクピットに着手します。


では また 明日!  明日?
こんばんは。


今日も休みでしたがちょっと仕事(?)の厄介モノがあって
スピットに掛かりっきりという訳にはいきませんでした・・・。

でももう終わったので スッキリ!

ヒロシさんがNEW エアフィックスのキットの中が
気になってるようなのでこの間買ってきたキットを形にしてみます。

画像 020
右がNEWエア 真ん中フジミ 左フジミJW(途中)

画像 021
手前NEWエア 真ん中フジミ 奥JW(途中)

画像 022
バルジは結構おとなしめですね。結構あっさり目でしょうか・・・。

画像 023
翼の下面。右NEWエア 左フジミ。

自分の好みで言うと「筋彫りが太い」
72でこれはキツイなあ・・・・・自分的には。
まあ好みがあるんでね。
筆塗りする方とかにはいいかも知れませんね(埋まらない)

自分のバルジ、色んな写真を見ながら
画像 026
この間買ったタガネで少しづつ削っていきます。
このタガネはいいですね~。新しいからっていうのも
あるんでしょうがサクサク削れます。
1.0mmので削ったんですがもう少し太いのも買おうかな・・・。
太いのは安いんでね(細いほど高い・・・・)
持つところは四角い板状で小さいんですけど
切れるうちは力も要らないんで気になりません。
お勧めです。

画像 028

結局こんな感じになりました。(奥がフジミ)
少しオーバーかなーとも思いますが

画像 027

明日からはコクピット周りを始めようかと思ってます。
コクピット入れて胴体を接着しないと
先に進まないんでね。

でもこういうのって難しいですね・・・・。
今回は図面なんかは参考にはしてません。
自分の眼で観た感覚で進めてます。

って事は  いい加減・・・・・・・・。
チャンチャン。
さて こんばんは。

今日からはお休みなんで昼間もプラモが出来ますね~。
(奥さんは仕事)

JMCで皆さんのすばらしいスピットを観ちゃって
もう頭の中は「スピット」一色です (笑)

というか自分は2機持っていったんですが
2機ともMk Ⅸって事でマーリン。

でも会場では結構グリフォンが多くしかも
かっこ良く 見えちゃったんですね~。

自分のマリーンが弱く見えちゃったよ・・・・・・トホホ。

完成品もグリフォンって少なくて
しかもほぼ素組みのヤツしかウチには無い・・・・。

という訳で

始めちゃいました  (前置きが長い?)

でグリフォンで注目されるのがシリンダーのバルジですね・・。
下はキットのまんま。

画像 012

画像 013

画像 014

前に作ったのヤツもストレートで組んだんで
そんなに悪くは無いようにも見えますね。

でもいろんな写真を見ると少しバルジの前後位置などが違うような・・・。

という訳でまずは先端部分にプラ板を2mmぐらい接着。(写真が無い・・・)
これで少し前に移動しました。

次に後端の幅が広いので少し狭く削ります。

だんだん写真に近づいて来たような気はしますが
少しダルな感じがしたんで
バルジを高くするためにプラ板の帯を接着。

画像 003

カッターとヤスリで形を整えていきます。

画像 006

画像 007

画像 008

画像 009

画像 010

何となくいい感じに見えますが
プラ板の白も目立つし同色にしてチェックしてみます。

画像 011

スピット限定でも資料は結構あるな・・・・資料はね・・・・
活かされてるかは・・・・・・・。

今回のは今までと少し違った弄り方もしたいんですよね。

では また 明日!   明日?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。